サラリーマン

【ストックオプションとは?】メリットデメリットについてわかりやすく解説

会社で働いていてモチベーションを上げるための
良い方法があります。

それはストックオプションをもらうのを目指すコトです

自社の株が上昇すれば、自分がトクするあれです(笑)
それではストックオプションとは何か見ていきましょう

ストックオプションとは


ストックオプションとは、株式会社の従業員や取締役が、自社株をあらかじめ定められた価格で取得できる権利です。

簡単に理解するために例をあげます。
数値はわかりやすい数値を置いています

1000円の株を買う権利←(ストックオプション)
※ここではわかりやすく1000株分付与されるコトとします

メリットは?


メリットは簡単にいうと、儲かります(笑)

1000円の株を買う権利←(ストックオプション)
※ここではわかりやすく1000株分付与されるコトとします

株価が5000円に上昇

ストックオプションの権利を行使する

実勢価格は5000円だけど、1,000円で購入

5000円で1,000株売って、差額の4000円 × 1000株=4000000分が利益

400万儲かるわけです(笑)

リスクがあまりない

通常の投資だと、株を買った後に株価が下落した際には損失を被ります。

しかし、ストックオプションの場合、万が一株価が下落したら、
そのときは株を買う権利を行使しなければ損失はゼロとなります。

通常の株価取引と比べてリスクはほばゼロだといえます。

ほぼゼロというのは権利行使してから売るまでの間に
価格が下がってしまったら儲けが減るというコトです。

先ほどの例で見てみると

5000円まで上がった株価が
売ろうと思った時に4000円まで下がった時のことを表します。

そうすると、400万円の儲けが300万円になるわけです
儲かるにはもう買ってますが売り時が大事ですね!

ストックオプションのデメリットは?

ストックオプションをもらえる人、もらえない人で格差が出てしまうため、
嫉妬やねたみがうまれます。

たとえもらえたとしても、株数がどれだけもらえたかでも格差が出てしまうので
たくさんもらえるように日頃からしっかり結果を出していきましょう(笑)

まとまったお金が必要になる

ストックオプションは株を購入する権利ですから、
株を買うためのお金を用意しなくてはいけません。

1000円で1000株分のストックオプションをもらっていたら、
100万円用意する必要があります。

ただし、先ほどの例のように5000円になっている時であれば、
権利行使して売れば利益が出る状態なので無敵です^_^

必死に資金をかき集めて、100株ずつなどちょこちょこ権利すれば
金額の負担は減ります。
先程の例だとストックオプションの価格は1000円 × 100株なので10万円ですね
まずは10万円を用意すれば良いわけです。

どうやればもらえるの?

会社役員や従業員がもらえます。
役職や勤続年数によってもらえる数が違ってきますので、
繰り返しになってしまいますが
サラリーマンであれば日頃から頑張って働いていた方が良いです

数百万円、数千万円うまくいけば億も狙えるので、ワクワクする制度ですね

サラリーマンで働くとしたら、
ボーナス、ストックオプション、持株会をターゲットにすることは
モチベーションを上げるために良いでしょう

持株会についてはこちらを見てみてください
【サラリーマン】従業員持株会のメリット、デメリット

リモートワークについてはコチラ

リモートワークまとめ

ABOUT ME
アバター
あおぞらキンモクセイ
人生のセーフティネット、複数の収入源を構築。大学卒→フリーター +バンドマン→ 証券系サラリーマン→起業→証券系サラリーマン◆株、為替はどっぷり◆子育て奮闘中。英語はあんまり喋れないけど旅行好き◆イギリス、オランダ、ベルギー、シンガポール ◆音楽はGarage bandで宅録継続◆入り口は初期パンクだけど、オールジャンル好き◆サッカー好き◆最近は化石と釣り、落語に興味あり。https://aozorakinmokusei.com◆https://blog.with2.net/link/?2043158