サラリーマン

【年収500万狙い】10代、20代フリーターが就職するのに有利な資格ランキング

あの時やっときゃ良かった!とか
勉強しときゃ良かった!とか思う時が
誰にでもあると思います。

人生の岐路に立って選択を突きつけられた時には本当にそう思います
そこで今からでも遅くない
集中して短期で取れる資格をご紹介します。

僕はバンドをやってフリーターで過ごしていましたが
今や採用する方にいるので

どのような人材が欲しいか、どういうスキルを持っていて欲しいか
そしてその他に何が重要かをご紹介します

年収500万への入り口はコレ!

僕は派遣に登録して仕事をしていた事がありますが
エージェントがチェックするのが資格の欄です。

そしてとりあえず取っておいて損はない資格は
金融系の資格です。

コレはビジネスマンとして会話ができるコトの証明になりますので
取っておいて損はありません

それではどういうものがあるのかというと

FP(ファイナンシャルプランナー)

コレを取っておくとビジネス会食などでの会話の意味がわかります。
意味がわかるということは発言ができることになりますので強いです

同じゲームが好き!みたいなノリだと話せますよね?
そんな感じで会話の中で出てくる単語を理解するためのものだと思って取りましょう。

この資格は持っていても儲かるものではありませんので
免許証のような感覚で取っておいた方が良いです。

FP3級だと試験料金は学科と実技合わせて6000円です。
コレを持っておくだけで少なからず良い印象になります。

証券外務員

証券外務員1種、2種とありますが
まずは2種獲得を目指しましょう。

今は受験料8866円ですね

コチラはFPよりもどちらかというと
お金に結びつく
お金を稼ぐという結果につながる資格となります。

取っておいて損はありません

コレは就職するのに有利な資格です。
就職するという事は何も社畜になるという事ではありません。

固定収入を得るということが最大の目的であって
死ぬまで働くというような事は考えてはいけません

とりあえず固定収入を得るためにお手軽に獲得できて
お金に直結する資格を取っていきましょう!

フリーランスをやるにしても、サラリーマンをやるにしても
お金についての勉強だと思って取るべきです。

株での配当生活を目指すならば知っておいて損は無いです!

僕は固定収入を得るためにサラリーマンをやっていますが
収入が上がっていくきっかけとなった資格であります。

資格は持っていてもお金になりませんが
その資格が無いと仕事ができないというものがあります。

そういう類の資格を狙って取りましょう。
そしてその中でも初歩的なものだけ取っておけば
就職にかなり有利になります。

あとは就職してから次の資格を取れば良いからです!
目に留まるとっかかりのような資格を取得するのがコツです

コレからAIで無くなる職業とかは考えてはいけません
無視して後5年〜10年までに役立つものは取っておきましょう
絶対無駄にはなりませんし、そこからアレンジしてさらに良い道が見つかります

全日本ソムリエ連盟(ANSA)主催のワイン検定

コレは飛び道具的な資格ですが、就職した後の想定シナリオとして取っておいて損はありません。

面接の時にはもうそのまま、

就職後の取引先との会食に備えて取っておきました

そう答えれば良いでしょう。

試験料も3級は3650円なのでリーズナブルです。
その上、ビジネス的にも良い印象なので取っておいて損はありません。

また、お金持ちや経営者などにワイン好きが多く、
彼らの共通言語のようなものになっていますので
収入が上がっていった時に、そういった場所での会話にも困りません。

いらないっちゃいらないけど、名札として

資格の他には最低限のスキルとして
PC操作スキルが求められます。

コレは最近だとスマホを操作する機会が多くて
PCを使用できるものが少ないからです。

キーボードのブラインドタッチはもちろんの事
エクセルの基礎知識は求められます。
ショートカットキーも使いこなせるようにしておきましょう

そのため、手っ取り早く能力を証明するためにMOS
マイクロソフトオフィススペシャリストを取っておくと良いでしょう。

試験料金は1万円を超えてしまいますが、PCを使用できるスキルの証明書としては
メジャーです。お金にはなりませんが、名札というノリで取っておくと良いでしょう

資格の他に重要なものは何か?

資格の他にアピールできるものとしては
経験です。

経験とは何か

・スポーツ
・海外旅行
・外国語でのコミュニケーション

ここは専門的なもので無くても構いません。
ゆるーくても上記事項に当てはまるエピソードを持っていれば
積極的に話していきましょう。

採用する側は
そこに人間性が出ることを知っています

面接に与えられた時間枠なんて
30分くらいのものなのでダメもとでしっかり話していきましょう!

面接で話すアツいエピソードとこの資格で年収500万への入り口を

年収500万円は2年〜3年やっていれば到達できます
そのためには最初の入社入り口を年収400万円くらいまでにはしたいです。

その準備として就職するのに有利な資格をまとめてみました。

1 FP(ファイナンシャルプランナー)
2 証券外務員
3 マイクロソフトオフィススペシャリスト
4 全日本ソムリエ連盟(ANSA)主催のワイン検定

資格の他に面接で必要なポイントとしては
印象に残るようなエピソードを語るということを
イメージしておきましょう

・スポーツ
・海外旅行
・外国語でのコミュニケーション

コレらのものは経験値としてアピールポイントが高いです。
こんなんでもいいのってくらいの些細な事でも良いので
話しておきましょう。

基本的に面接は採用するために行うものですので
落とすために行われていると思わないのが重要です。

そして、就職して2年〜3年で年収500万円以上になるように
準備を入念に行っていきましょう。

また、短期で取得が可能な試験料が1万円以下のものは積極的に
取得しておいた方が良いです。

就職するにせよ、この先フリーランスになるにせよ
絶対損はしませんのでひとまず取っておきましょう!

リモートワークについての記事を下記noteにまとめています。
無料なのでフォロー、ブックマークお願いします

リモートワーク無料note

ABOUT ME
アバター
あおぞらキンモクセイ
人生のセーフティネット、複数の収入源を構築。大学卒→フリーター +バンドマン→ 証券系サラリーマン→起業→証券系サラリーマン◆株、為替はどっぷり◆子育て奮闘中。英語はあんまり喋れないけど旅行好き◆イギリス、オランダ、ベルギー、シンガポール ◆音楽はGarage bandで宅録継続◆入り口は初期パンクだけど、オールジャンル好き◆サッカー好き◆最近は化石と釣り、落語に興味あり。https://aozorakinmokusei.com◆https://blog.with2.net/link/?2043158