人生のセーフティネット

【スケジューリング】5つの施策と5つの効能

リモートワーク中の2人

1日のうち固定勤務時間がある人がほとんどだと思います。

そうです、あなたもそのうちの1人ですね。

バイトで4時間、パートで8時間、サラリーマンで10時間など
1日のうち拘束されている時間があるはずです。

副業を始めようとするきっかけは、そういった固定勤務がキツイとか
お金をもっと稼ぎたいとかあると思いますが

目指すべき副業の姿、その考え方とは

人生におけるじぶんの自由に使える時間を増やす事

コレに尽きます。

1日の時間をどう過ごしてる?

まず最初に時間の割り振りを考えていきます

さっと解説します。

1日は24時間なので、そのうちまず、固定勤務時間は引いて考えましょう

例えば、僕の本業、サラリーマンを例にして説明します。

サラリーマン 固定勤務 10時間

定時勤務だと休憩を入れて9時間拘束というところが
ほとんどだと思いますが、

あまり現実味が無いと思うので、とりあえず設定は10時間とします。

固定勤務時間

1日24時間 – 固定勤務時間10時間 = 14時間

ここから睡眠時間を確保します。
(勤務時間より睡眠時間確保が先だろ!というツッコミは置いておきますw)

人は6時間〜7時間の睡眠を確保する事が良いとされています。
最適は7時間前後と言われているので、睡眠時間を7時間を確保します。

睡眠時間

14時間 – 睡眠時間7時間 = 7時間

着替え、準備などの時間をバッファーとして1時間取ります。
そうすると

準備バッファー時間

7時間 – 準備バッファー時間1時間 = 6時間

ここまでで自由に使える時間は

1日のうち6時間となっています。

1日の時間をどのように使うかによって
この先のじぶんの物語が変わってきます。

ここで他にお金を稼ぐための努力の時間を確保しましょう。
資格勉強や投資の勉強でも構いません。

コツは2時間確保する事です

努力の時間

6時間 – 努力の時間2時間 = 4時間

1時間ずつでも構いません。
大事なのは『確保』する事です。

心構えとしては固定勤務時間とくらい強制力のあるモノとして確保する事

歯を磨くくらい何も考えずに取り組めるところまで
ルーティーンとして、マインドセットする事が大事です。

個人的には朝1時間、夜1時間確保する事に成功しています。

残りの時間はどうするの?

ここまで時間の割り振りを行い、残りは4時間あります。

意外とあるじゃん!と思った方もいるかもしれませんが
実はここまでで食事、入浴に関する時間を取っていません。

重要なのはココです。

ポイント

①コミュニケーション、クリエイティブ、人生の楽しみの時間
 食事の時間はしっかりとる

②リフレッシュ、頭を整理する時間
 バスタイムはしっかりとる

4時間をフルに使うかもしれませんし、そうじゃないかもしれません

カツカツのスケジュールだと何かあった時も
フレキシブルに対応しにくくなってしまいます。

そのため、ある程度の余裕を持った方が良いでしょう。
その余裕から新たなアイデアや、新しい景色が見れたりします。

じぶんメンテナンスにも使えます

まとめ

① 1日の時間をどのような配分で何に費やしているか確認
② 何も考えなくて良いくらいにスケジュールに落とし込む
③ 努力の時間はルーティーンとして組み込む
④ 食事、入浴にはしっかりと時間をかける
⑤ 時間に余裕を持たせる

生きていく上で、『決断』をする場面は多々あり
そのとき、その瞬間の『選択』の精度を上げていかなければなりません。
そのためには充分な休息と準備が必要です。

スケジューリング効果

人生のセーフティネットの第一歩となる基本構造構築です

今回紹介したスケジューリングをする事によって
得られる効果を下記にまとめました。

ここからどんどん発展させていきましょう!

スケジューリング効果

①固定収入GET
②休息、リフレッシュ
③インプット、アウトプット
④じぶんへの投資、将来への投資
⑤自由な時間

ABOUT ME
アバター
あおぞらキンモクセイ
人生のセーフティネット、複数の収入源を構築。大学卒→フリーター +バンドマン→ 証券系サラリーマン→起業→証券系サラリーマン◆株、為替はどっぷり◆子育て奮闘中。英語はあんまり喋れないけど旅行好き◆イギリス、オランダ、ベルギー、シンガポール ◆音楽はGarage bandで宅録継続◆入り口は初期パンクだけど、オールジャンル好き◆サッカー好き◆最近は化石と釣り、落語に興味あり。https://aozorakinmokusei.com◆https://blog.with2.net/link/?2043158