サラリーマン

満員電車の不快を解決するたった1つの方法

サラリーマンの宿命、満員電車
あの空間のストレスはすごいですよね?

その不快指数を下げる解決法をご紹介します。
くだらないと思うかもしれませんが

実行するかしないかでかなり変わります

【解決方法】 車両を移動する

かなり効果的な方法です。
予防法みたいなものに近いです

まず、スマホを見ながら電車に乗ってはいけません
電車に乗るときにはまず確認します

変な人がいないか

風邪っぽい人はいないか

具合悪そうな人はいないか

確認が大事な理由

事前に選択できる状況を作ります。

そしていわゆる『ポジション取り』をします。
ここでの基本的考え方は

前項で挙げたものを避けるコトを最優先します。
特に座れなくても良いです。

そしてどうしてもリスクを避けられない状況だった場合

『車両を移動します』

どうしよう。。。と考えるヒマもなく動いてください
時間の経過とともにストレスが増してしまいます。

言うまでもなく、ストレスは体に悪いです。
そして目的地までの乗車時間がストレスMAX時間確定になるのを回避しましょう

方法は簡単です。

『車両を移動します』

そこまでの余裕が無い場合は

『電車を降りましょう』

なぜそこまでするのか?

そこには明確な理由があります。
ざっと例を3点挙げていますが各々解説していきます

変な人がいないか

→ 『お客様同士のトラブルが〜』のアナウンスでお馴染みですが
  余計なトラブルに巻き込まれて、貴重な時間を取られないコト
  変な人がいたら自発的にその場から立ち去りましょう
  時間とお金の節約になります

風邪っぽい人はいないか
→コレも即その場から立ち去りましょう
  風邪がうつったら病院に行く時間とお金がかかります。

具合悪そうな人はいないか
→コレは金曜日の夜とかに見かけますが、
 酔っ払いの近くは避けましょう
 もしも何かあった時のクリーニング代やその他トラブルなど
 時間がもったいないです。

このように全ての事象において『時間』と『お金』が関わってきます
こういったトラブルを避けるために行動すれば良いのです。

その簡単なたった1つの方法とは

『車両を移動する』コトです。

迷わずに即行動しましょう。
満員電車なので、車両を移動する際には
通路を歩いてというわけにはいかないと思います。

そこで、一旦、電車を降りる時のポイントです。
必ず『降ります!』と声を出して降りましょう。

ドアの前で頑なに降りない人とかもいますので
『降ります』と声をかけて、それでも動かない場合は
『降ろしてください!』と言いましょう。

無理に押して降りようとしてはいけません。
トラブルになってしまいます。
そこは気をつけていきましょう。

降りる時のイメージトレーニングは日頃から行っておいて良いと思います
特に遅い時間帯での満員電車はトラブルになりやすいので注意しておきましょう。

そしてサッと電車を降りて、車両を変えるのです!

まとめ


満員電車の不快を解決するたった1つの方法とは

『車両を移動する』コトです。

その下準備として

電車に乗る前に、周囲の状況を確認し
良いポジション取りをするコト

良いポジション取りとは

変な人、風邪っぽい人、具合悪そうな人を避けた
ポジションを取るコトです。

もしそれが不可能であれば
電車を降りて、一旦見送るのも手です。

生きていく中で、全てのコトに通ずるのですが
他人を変えるよりもじぶんを変えた方が早いです。

そして実行するだけで、お金と時間の無駄な消費リスクを避けるコトができます

じぶんの時間と相談しながら
満員電車の立ち回りをうまくしていきましょう!

リモートワークまとめ

ABOUT ME
アバター
あおぞらキンモクセイ
人生のセーフティネット、複数の収入源を構築。大学卒→フリーター +バンドマン→ 証券系サラリーマン→起業→証券系サラリーマン◆株、為替はどっぷり◆子育て奮闘中。英語はあんまり喋れないけど旅行好き◆イギリス、オランダ、ベルギー、シンガポール ◆音楽はGarage bandで宅録継続◆入り口は初期パンクだけど、オールジャンル好き◆サッカー好き◆最近は化石と釣り、落語に興味あり。https://aozorakinmokusei.com◆https://blog.with2.net/link/?2043158